ファクタリングによる資金調達がおすすめできる理由

subpage01

ファクタリングによる資金調達がおすすめできる理由としては、まず売掛債権を現金化するまでの時間が早いという点を挙げることができます。

銀行などの金融機関に融資を申し込むと、厳格な審査が行われるため1か月から2か月ほどかかるのが一般的です。

おすすめのファクタリングに関するサポートサイトはここです。

実際に企業を経営していると時間的に余裕がないケースが多く、金融機関を利用した場合には資金が足りなくなる可能性があります。



例えば取引先が代金を翌週に支払う約束だったものが、何らかの原因で1か月ほど支払い機関が延びてしまうようなケースが多く見られます。
企業にとって財産である売掛債権が多くても、支払いまでに時間がかかると資金が足りなくなって倒産することもあるので注意が必要です。
ファクタリングで資金調達を行う場合には早ければ即日、遅い場合でも1週間ほどで現金化が可能なので急いでまとまった資金が必要な場合におすすめできます。一般的なファクタリングでは償還請求権がないため、売掛先が倒産などで売掛金の支払いが不可能になった場合でも代わりに支払う義務を負いません。
金融機関から融資を受けた場合には返済義務が残りますが、売掛債権を売却する場合にはリスクを負うことがないのでおすすめです。

ファクタリングは融資ではないため、現金化できる金額は売掛債権額と取引先企業の信用状況の審査によって決定されます。売掛債権額が多く取引先の信用が高い場合にはより多くの資金を調達することができ、ファクタリング会社によっては1億円など高額な取引も可能となっています。