母の日は母に感謝を伝える日

subpage01

母の日は、母に感謝といたわりの気持ち、そして愛する気持ちを伝える日です。
その起源については諸説ありますが、1908年にアメリカでアンナ・ジャービスという女性が、自分の母を追悼するために教会で開いた記念会にちなんで、1914年にウェストバージニア州で制定された母の日に因るというのが、日本での由来とされています。


そのため、日本の母の日はアメリカと同じ5月の第二日曜日です。

母の日情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

日本では、大正時代の初め頃から一部でおこなわれていたとされていますが、行事として定着するのは、第二次世界大戦後です。

また、その記念会で用いられたのがカーネーションだったため、母の日に思いを伝える花として広まったと言われています。
母の日に贈られるカーネーションの花言葉は、「無垢で深い愛」「女性の愛」「感動」などです。



まさしく母の愛を表している言葉と言えます。


また、色によって違う意味では、赤は「母の愛」「母への愛」であり、白は「愛は生きています」や「尊敬」などです。

花言葉にも思いが込められるため、実際にお母さんに手渡すのには赤いカーネーション、亡くなった母のお墓や写真に捧げるのには白いカーネーションが選ばれるというわけです。
最近の日本では、カーネーションにこだわらない花を贈ったり、花に添えて、あるいは花の代わりにお菓子や小物などをプレゼントするといった傾向が見られます。



しかし、なにかを贈るだけでなく、きちんと言葉でも「ありがとう」を伝えるようにしたいものです。